環境日本,横浜市太陽光発電,秦野市太陽光発電,藤沢市太陽光発電,茅ヶ崎,平塚市太陽光発電, pv21,あなたの太陽光・・発電量が減っていませんか?

藤沢市K様邸11.25

藤沢市K様邸・・天気良好!!11月25日

K様宅の壁には日本地図が貼ってあります。久しぶりで、日本全体の地図を見てみるのもいいなあ・・と思いました。

K様が仕事で訪れたことの無い県は、青森県だけ、だそうです。1ヶ月の半分は飛行機か新幹線に乗っていらっしゃるようです。 うらやましいです。わたしは、月の半分は屋根の上に昇って・・大げさですかね?

お忙しいところ本日は、仕事を休んで頂きました。ありがとうございます。これで雨でも降ろうものなら・・と思いましたが、晴れて良かったです。
画像の説明  画像の説明

画像の説明

K様のお宅は、軽量鉄骨2階建、役所広司の「ダイワハウチュ」や黒木メイサの「かぶり物NG」でおなじみのハウスメーカーです。今回のPV工事とオール電化・・「必然性大有りですよ・・ということで、

構造は鉄骨ですが、屋根部分は木材を使い小屋組みをしております。

今回の施工はパナソニック製で行います。モジュール自体はHITを使っていますが、三洋電機製のものと施工方法が若干異なります。・・
若干というか、大きく異なります。

画像の説明

一つには、この写真のように「スレートカバー」を設けていることです。
このガルバリウム鋼板に塗装を施した「スレートカバー」の裏側には、EPDM(防水パッキンゴム)が使用されています。

通常のスレート材に行う施工は、直接板金金具をビス止めし変成シリコンでコーキング処理をしますが、パナソニックの場合は、板金金具とスレート材の間にスレートカバーがつきます。

写真のように、スレート材同士が重なり、外に露出している部分の長さを、葺き足といい、パナソニックでは、この葺き足が182mmのものだけに対応しています。この施工により防水性能が高くなっています。余談ですが、182mmを5倍にすると・・910mmです。つまり3尺です。・・現在はこの施工方法は変更になりました。

太陽光発電設置による雨漏りや、その他漏電対策として、接続箱の各回路の開閉器を50Aにしているところなど、パナソニックの法規に対する厳しい姿勢が見てとれます。
画像の説明  画像の説明


それから、パネルを固定する「PV押え」の寸法も、三洋製のそれが、10mmのボルトナットで行っているのに対して、パナソニックはその一回りサイズの大きいものを使用しており、締め付け強度はかなり向上していると思われます。
画像の説明  画像の説明

下の写真は、スレートカバー、板金金具の取り付けが完了し、縦桟を設置した写真です。左より1段用、2,3,4段用となっています。
右の写真は、パネルを設置した状態です。このような並べ方を「千鳥配置」と言います。
画像の説明  画像の説明

画像の説明

215Wのモジュールを南面に15枚3225W 東面に10枚2150W 合計5.375kWの設備となりました。5直列の回路を5つの構成です。

K様のお宅では、まだ西側に同モジュールを10枚設置するスペースがあります。しかし1台で対応できるパワーコンディショナーが無いため、設置しようとすると別システムを作らなくてはならないので、費用が余分にかかってしまいます。8~10kW程度のパワコンが
あればいいのに・・と時々思ったりします。接続箱や、パワーコンディショナーでのtj値の問題も出てきそうですし、やはりこの容量が限界なのかも知れません。

オール電化

画像の説明  画像の説明
上記の写真は、ガス給湯器→エコキュートに変更した写真です。本日よりK様邸はオール電化住宅となりました。

画像の説明

IHクッキングヒーターは家庭用調理器具としては、快適性(拭くだけで、いつもきれいな状態で料理ができます。)安全性(火を使いません。着衣着火や油に火が着くこともありません。)経済性(タイマーや使用する時間帯の有効利用と相性の良い鍋の使いまわしによって少ない電力での調理が可能)に優れております。

エコキュートは深夜電力と大気熱を利用して少ない光熱費でたっぷりのお湯が作れます。
良かったですね。

画像の説明

・あとはこのシミュレーションのように発電をしてくれれば、OKです。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional