環境日本,横浜市太陽光発電,秦野市太陽光発電,藤沢市太陽光発電,茅ヶ崎,平塚市太陽光発電, pv21,あなたの太陽光・・発電量が減っていませんか?

茅ヶ崎市和田様邸11.20

茅ヶ崎市和田様邸

  • お天気を心配していました。
    画像の説明
    11月20日 晴れ  前々日まで、降水確率が60%との天気予報でしたが、ぽかぽか陽気のお天気に恵まれました。

    本日は、茅ヶ崎市の和田様邸の太陽光発電と、IHクッキングヒーター&ビストロ(電気オーブン)の工事です。

    写真では判りづらいですが、オレンジ屋根の向こうには雪のかかった富士山の姿があります。
  • 屋根の上では、太陽光取り付けの支持瓦の取り付け位置の墨出しをしているところです。(根本、石橋チームです。今日も一日頑張りましょう!)
  • 瓦の取り外し。
    画像の説明
    架台を取り付ける位置の瓦をそっくり丸ごと交換する方法で施工します。そのために左右両隣りの瓦も取り外し、垂木に補強板を固定し、支持瓦を設置した後に左右の瓦を戻していきます。                                                                 


                           


  • 補強板の取り付け→支持瓦の取り付け→瓦を戻しフレームを設置                     
      
    画像の説明 画像の説明

    画像の説明
    画像の説明










  • 直流ケーブルの配線

    画像の説明
    各回路ごとの直流ケーブルの配線を行います。南面2回路を西面に渡し、北面より接続箱へ配線します。黒い管は古河電工のPFD2重管です。建物の外壁に沿った部分はジョイントソケットを使用し、アイボリーのものを使います。配管や配線がブラブラしないようにインシュロックや固定バンドを使います。壁面は、樹脂製のサドルを使い固定していきます。


    画像の説明  画像の説明

    画像の説明
    和田様は国の天然記念の指定をされている「クマゲラ」という野鳥を「生きている間に一度は見てみたい。」とおっしゃっております。また、自転車をこよなく愛し、神奈川県から山口県まで、自転車で往復したこともあるそうです。距離にして1500~1600キロ以上あるのでしょうか・・思い込んだらチャレンジせずにはいられない性分のようです。きっとクマゲラも「思いこんだら・・」となるように思います。

    画像の説明  画像の説明


    S様現る!和田様とともに  IHとオーブンにうきうき!

    アレイ全体
    東京電力との連系は11月25日の予定です。待ち遠しい発電式!









画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明
ご主人の和田様は、幼いころドイツにお住いになられていたそうです。この人形たちの一人ひとりの表情は万物をつかさどる大自然のなかで、「神的」なものに対する畏敬の念を持ち、敬虔さを表しているのでしょうか・・この人形はドイツのある方が作られたものです。


奥様は、この小さな人形の中に、人間の喜怒哀楽の世界を見出し自らも敬虔さを持とうとされているように思いました。上記パネルに書いた「おひさまありがとう」の言葉は、今日に至るまでの間に、実感として、ご本人の中で、滲みでてくる思いなのでありましょう。

これからの季節、奥様が好むであろうクリスマスソングがいたるところで流れていくことでしょう。ジングル ジャングル♪


認証コード(4591)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional