環境日本,横浜市太陽光発電,秦野市太陽光発電,藤沢市太陽光発電,茅ヶ崎,平塚市太陽光発電, pv21,あなたの太陽光・・発電量が減っていませんか?

発電量その後

その後の発電状況・・

7月の後半の発電状況

順調に発電をしていた7月の前半でしたが、後半に台風がやって来ました。曇りや雨の日が続き、心もとない発電が続きましたが、結果としては、予測発電量(シミュレーション)を約125kWhほど上回る結果となりました。
画像の説明

8月に入り再び・・

8月からは天気も安定してきてそれなりの発電量となりました。
しかし、シミュレーションでの年間を通じたピークは5月と8月・・8月は気温の上昇と日射によるセル温度の上昇があり、予測を超える発電をすることが出来るのでしょうか。

画像の説明

8月はかろうじてシミュレーション上の数値を上回りました。

  • 8月のまとめと、9月のまとめを送って頂きましたので、掲載させていただきます。やはり、台風の影響が大きく見られます。シミュレーションでは、過去の平均日射量を元に、方位、勾配、地域を考慮して算出されますが、次の9月の数値に至っては、台風はあったものの、シミュレーションの数値を大きく上回りました。

画像の説明

9月のグラフ

画像の説明

  • 7.8.9月の3か月で約335kWh程度シミュレーション数値を上回っています。(金額でいうと、単純計算で14,000円になります。) [#o7b148f3]
    また、9月に1日当たり34kWhを発電した日が2日ありました、同システムでの最大発電量/日は34.3kWhとなりました。
    よく発電していると思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional