環境日本,横浜市太陽光発電,秦野市太陽光発電,藤沢市太陽光発電,茅ヶ崎,平塚市太陽光発電, pv21,あなたの太陽光・・発電量が減っていませんか?

環境FLASH

環境FLASH

  • ここでは新聞の切り抜きなどを利用して経済・社会の動きなどを眺めて行こうと思います。
  • 与党の参院選勝利で電力分野はどのような改革を行っていくのでしょうか?・・2013/07/23

TOPICS

新しいお知らせ。

  • 20130723【日経産業新聞】電力、異種格闘戦ゴング
  • 20121107【日本経済新聞】ウエストHD水上にメガソーラー
  • 20120820【日本経済新聞】我が家の節電効果ネット公開
  • 20120805【日本経済新聞】政府方針 北海道冬に10%節電
  • 20120803【日刊工業新聞】経産省 大型コジェネに補助金 数百億円で自家発促進
  • 20120803【日刊工業新聞】東電系がHEMS開発 サムスンSNSと家電、スマホ操作
  • 20120803【日経産業新聞】エコカー3割時代に備え 車載電池、官民で結集
  • 20120803【日刊工業新聞】大東建託 自社賃貸住宅の屋根利用 太陽光で売電参入
  • 20120802【日本経済新聞】再生エネ買い取り制度 家庭負担、5年後に月1000円
  • 20120802【日本経済新聞】住宅用の太陽光発電システム 海外品流入で1割下落
  • 20120801【日経産業新聞】スマートハウス 省エネ、ネット支援続々 積水化学、ミサワ
  • 20120801【日経産業新聞】セブンイレブン全店にスマートセンサー
  • 20120726【日経産業新聞】オリックス発電で新事業
  • -20120719【日刊工業新聞】エコ補助金終了 失速懸念
  • 20120719【日刊工業新聞】ソーラーフロンティア 小規模太陽光発電設備 非住宅向けパック
  • 20120718【日刊工業新聞】藤井産業 メガソーラーに参入
  • 20120718【日経産業新聞】昭和シェル子会社、遊休地向け 小型太陽光発電パック
  • 20120716【日本経済新聞】太陽光発電、中国トップに
  • 20120716【日本経済新聞】住宅駆け込み購入じわり 消費税にらみ見学者急増
  • 20120714【日本経済新聞】住宅賢く進化 省エネ管理、応用広がる
  • 20120711【日経MJ】楽天、市販品の半値も 太陽光パネル 販売・設置を一括
  • 20120711【日刊工業新聞】GSユアサ リチウム電池蓄電システム 工場向け「大型」投入
  • 20120711【日本経済新聞】セブンイレブン 節電に対応 一万店で割安電力
  • 20120706【日経産業新聞】薄幕太陽電池、高効率に 東工大、カネカなど試作
  • 20120706【日本経済新聞】家庭用値上げ9月 東電、企業向けも幅圧縮
  • 20120706【日刊工業新聞】フジケイ 複数電源から充電 蓄電池システム安定性高める
  • 20120705【日刊工業新聞】ビル屋上の太陽光発電 「建築確認は不要」
  • 20120705【日刊工業新聞】蓄電池設置コスト9割減 1kw時当たり経産省が戦略策定
  • 20120704【日刊工業新聞】パナホーム 兵庫・芦屋に「環境都市」300億円投資住宅400戸
  • 20120705【日本経済新聞】住宅エコポイント終了 反動減を懸念、対応急ぐ
  • メガソーラーの建設が多くなってきていますね。各企業がこぞって導入の動きを見せています。
  • 問題点はないのでしょうか。
  • さて、ここで、先進諸国の掲げているエネルギーの目標や過去の実績などに触れておきたいと思います。
  • 再生エネルギーの導入にもっとも積極的な地域は何と言ってもヨーロッパです。
  • 長期的に2050年ごろまでに自然エネルギーによってすべてのエネルギー需要を賄う「自然エネルギー100%シナリオ」を3年くらい前に発表しました。
  • ドイツでは2030年までに電力部門で自然エネルギーを100%利用をし2040年までにはすべての部門のエネルギーを自然エネルギーで賄うことを目標に掲げています。
  • デンマークでは2030年までに電力のすべてを、
  • またアメリカでは、2030年までに電力の20%を風力発電で賄おうとしています。
  • 中国でも2020年にはエネルギー全体の消費量の15%、2050年には30%を自然エネルギーで賄う計画があります。
  • ドイツでは、一足先に(2000年から)固定買取制度を実施しました。
  • その結果、消費電力全体に占める再エネの割合が6.4%(2000年)から16.8%に上昇しました。
  • また雇用も、2004年からの6年間で、16万人から37万人に増加し、約20万人の雇用を新たに生み出しました。
  • こういったことの背景から、今日浮き彫りになってきた課題を、本年7月から「20年固定買取」の実施に踏み切った日本は考えていかなくてはならないでしょう。
  • 電力会社は「買い取り負担」が増えますが、今日の電気事業法では、電力受給者から徴収してよい法律となっているために、一般家庭での電気料金が上がる・・ということになります。
  • そんな中で、これではどうかな?と言って日本でも導入されそうなのが「シェールガス」です。
  • 原発をなくしていきながら、再エネ・化石燃料・シェールガス・・この流れになっていくと思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional