環境日本,横浜市太陽光発電,秦野市太陽光発電,藤沢市太陽光発電,茅ヶ崎,平塚市太陽光発電, pv21,あなたの太陽光・・発電量が減っていませんか?

座間市O様邸

座間市 O様邸太陽光発電施工 パナソニック 3面の設置

本日も、高橋、小池、青位で施工します。

小池です。・・ガッツポーズをしているところ。
小池

青位君です。・・接続箱を小屋裏に設置しているところ。
接続箱

既存のメーターを取り外し2連のWHMのBOXをつけます。
画像の説明

太陽光発電用の分電盤での作業。太陽光発電用の分電盤は、価格も少し高いのですが、余分なフリーBOXをつけないで設置出来ます。
また、接続場所はELBの2次側の接続します。
画像の説明

分電盤の右下のところが太陽光ブレーカーです3P3Eです。ここに太陽光発電のブレーカーが設置出来るためにはELBが逆接続可能である必要があります。
左側にあるのが、発電、自己消費を検知しモニターに電波を送るする送信ユニットです。
画像の説明

ぶら下がって見えるまるいものは、電流の流れを検知するCTです。
磁気特性を応用して電気の流れを送信ユニットに送り、そこからモニターに電波を送ります。(2Gの電波です。)
画像の説明

パワーコンディショナーの設置
画像の説明

パワーコンディショナーの設置規定は、天井から200ミリ以上のクリアランス、左側は60ミリ以上、右側は120ミリ以上(ここに非常時のコンセントがあります。)
下部は600ミリ以内に設置・工作物の無いこととなっています。
画像の説明

配線金具を使用して屋根面から配線します。外にケーブルが出ないように隠蔽配線をします。
画像の説明

取り付けた配線金具の周辺をコーキングし、更に防水処理をします。
画像の説明

高橋です。本日はひたすら穴あけ作業・・
画像の説明

3.5ミリの下穴をあけ更に、5.5ミリの下穴を開け(スレート部分だけ)そこにシーラントを充填し、金具を付けたのちビスを天打ちします。
画像の説明

今回は3面共配線金具を使用します。
画像の説明

東面の配線金具1
画像の説明

西面にホールソーで開口部を作る途中で歯がまるくなってしまい時間がかかりました。消耗してしまいました。スレートはコンクリート製なので、コンクリート用のものでスレートに開口部を設けたのち、材木用のものに交換して使うようにしなくてはなりません。
バイメタルのホールソーで開くはずなのですが、駄目です。RC用のものを使いましょう。
画像の説明

西面設置の配線金具
画像の説明

太陽電池・架台の設置は後日UPします。V(^^//

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional