環境日本,横浜市太陽光発電,秦野市太陽光発電,藤沢市太陽光発電,茅ヶ崎,平塚市太陽光発電, pv21,あなたの太陽光・・発電量が減っていませんか?

太陽光発電は素晴らしいもの

太陽光発電は素晴らしいもの!?

太陽の光を人間の生活が便利になるようにする「視点」は大変に素晴らしいことです。しかし、昨年の事業仕訳がなされた際に、「科学技術がどうして世界で一番にならなければいけないのですか?二番、三番じゃいけないのですか?」との発言に見られるように、日本では日本に即した中長期での方途を探るべきです。また、日本から二人のノーベル賞受賞者が出たことは、資源の乏しい日本にとって、進むべき方向を指し示しているように思えてなりません。

画像の説明

  • 現在は国策として太陽光発電の普及と拡大をすることによって、世界の目から見た「日本」のポジションを主張しております。その主張は、国民一人ひとりの主張と同じなのでしょうか?その間隙を埋めるべく補助金制度を実施していますが・・補助をしたり止めたり、あるいはその前後で、困ったり、怒ったり・・そういった感情を持つ人がいないのでしょうか?
  • 地球環境に警鐘を鳴らす学者と、日々生活を営む人々が今一番に考えていることと考え方は一致するのでしょうか?
  • 地球の温暖化で、「我が国はなくなります。」という国家の元首の悲しみと、我々の環境に対する認識は共通点があるのでしょうか?
  • 立場が異なれば、その視点が異なることが良くあります。
    太陽光発電を導入できる人と導入したくてもできない人・・・
    そして受ける恩恵のある人、そうでない人・・異なった旗色で意見に便乗して当選を果たす民主主義の制度
  • 技術の先端を行く「先鋒があれば殿」があるように、闘うものがあれば、その資材、食料を確保する役割を担うものがおります。そこで、申し上げておきたいことは、その影の存在を忘れてはならないということです。
  • 私どもは技術を開拓する分野の業種ではなく、殿(しんがり)や、食料を補給する役割を担わなくてはならないポジションに位置しています。
  • だからこそ、後述いたします、保守点検を行うのです。
  • その根幹をなす考え方は、また、その費用の原資は奈辺にあるのか・・・
    それは以下の通りです。

利益三分の計・・

  •  当社の利益は、1/3は会社へ、次の1/3は従業員へ、残りの1/3はお客様へお返しいたします。そして税金を納めます。そのバランスがとれている状態が最適化だと思えます。

    • お客様へお返しする利益とは・・
      具体的には、10年間の無償メンテナンスです。
      そして、その方法は、「不具合を見つける目的」で行う内容にしております。
      電圧を測定するだけではありません。パネルの掃除をするだけではありません。また、ネジのゆるみがないかどうか調べるだけではありません。

    • 方法1 太陽光パネルを設置する際に、ある施しを行います。

    • 方法2 方法1で施したものを手掛かりに、不具合の個所をあるものを使用して特定します。

    • 方法3 あるものを使用して記録します。

  • そしてそれからどうするのか、ここが重要です。
    • 10年保証の期間内であれば、不具合のものはメーカーに報告し、交換してもらいます。
  • 太陽光発電のシステムについて詳しく紹介してくださっている書籍があります。
    •  この書籍について注意点が二つあります。
      •  読んでいるうちに眠くなってくること。
      •  難しい専門用語が出てきます。
    •  当社では、この著者の方が実際に行っている方法を用いております。興味のある方はhttp://pv21/index/を見てください。


補助金ブーム世代

現在はシステムで販売・・10年保証が終わった・・その後の市場は・・?

現在太陽光発電の設置に対して補助金がでています。赤字財政なのに、どうしてでしょうか?
そのうちに、予算が回ってこなくなります。今、補助金を受けて、メーカーの保証を受けて太陽光の装置を設置した人もいずれは、システムは健全であるけれども、モジュールのどこか不具合が出て発電しなくなってしまようなことがあるかもしれません。・・
その時は交換・修理をしないといけませんが・・、どうしますか?
画像の説明

スマートグリッド化

それと、近い将来再生可能なエネルギーの普及に伴い、雲量や風向きによって安定した電力の供給が期待できない太陽光発電や風力発電と、需要に応じた供給に対応できる火力発電との兼ね合いも考えていかなくてはなりません。
そこで二次蓄電地や短時間で充電ができる技術が開発されています。
具体的には横浜市と愛知県の豊田市でスマートグリッドの実施計画が立てられています。

横浜の構想

太陽光発電の歴史とは?

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional